2016年02月20日

フェブラリーS 買える馬、買えない馬。






わたくし、ウマナリとは一切関係ない広告なので無視してください。

*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*
____________________________________________________________________________________

ダウンロード不要のワンクリックなので、良かったら参考に見てみてください。







買うべき馬がわかる!!

        ↓
『フェブラリーS 買える馬、買えない馬。』

http://umanari.sakura.ne.jp/feburarys.pdf



おはようございます。ウマナリです。

 
 なんだかこれから雨模様の様です。

 お出かけになる方は気を付けて下さいね。


 明日も不良馬場になるかと思いますので、その点も考慮して馬券を検討しなけらばなりませんね。

 


 
 それにしても、社台ファームの良い馬が次々に回ってくるデム、ルメは正直いい加減にしてほしい。

 わたくしウマナリは民族主義ではありませんが、日本の富を外国人に荒らされまくっているのは、忸怩たる思いになります。

 あまりにも酷過ぎる。

 所詮彼らは大陸の民族であり、先祖は狩猟民族なのです。

 

 新自由主義、市場原理主義はここ競馬の世界も蝕み始めているようです。




 強い者、能力のある者が富を圧倒的に独占するというのは、わたくしウマナリにはどうしても納得できないのです。


 そうなると能力の無いものは貧困の中、家族すらもてず、生きていくことすらままならなくなります。




 『岩盤規制』などと書き、日経、読売、産経はなにか悪いものの様に報じていますが、


 スキーバス事故の様に、行き過ぎた、緩和され過ぎた市場原理は命まで奪います。


 小泉、竹中、安倍と続いているこのアメリカかぶれの政策は、やはりどこかで歯止めをかける必要があると思います。
 










      ↓
『フェブラリーS 買える馬、買えない馬。』

http://umanari.sakura.ne.jp/feburarys.pdf





今号もお読みいただきありがとうございました。




わたくし、ウマナリとは一切関係ない広告なので無視してください。



posted by ウマナリ at 09:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434038910

この記事へのトラックバック
海外ドラマ隊
fx比較